HOME>>>情報の見方を覚えよう!
>>>ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、確立・統計学・標準偏差を用いた分析です。


移動平均を表す線を中心に、第1標準偏差、第2標準偏差を上下にとり、補助線は中心線を含め、計5本で表示されます。

一番外側の線(つまり第2標準偏差の線)までの中に、相場の変動がほぼ収まるという統計学を応用しています。

統計学的にいうと、為替レートの変動幅が正規分布している場合の1SD(平均値±標準偏差)内に価格の変動幅が入る確立は約68%、2SD(平均値±標準偏差の2倍)内に価格の変動幅が入る確立は約95%とされています。

ですからバンドからはみ出るような動きは約95%に収まっていない、ということですので、売られすぎまたは買われすぎなのだと統計学的に判断することができるのです。

それではチャートの見方です。

まず一つ目。
上下バンドに為替レートが到達した(接近した)地点が売買サインです。
上バンドに為替レートが到達した時が売り、下バンドに価格が到達した時に買いです。

2つ目は、上下バンドどちらかを抜けた場合には抜けた方向への勢いが強い、ということで抜けた方向へのトレンドに乗ります。
上バンドを為替レートが上抜けた時は買い、下バンドを価格が下抜けた時は売りのサインです。

為替レートがバンドを逸脱する時は、相場の前提条件に大きな変化があったり、突発的事象がある場合が考えられます。またトレンドにおおきな変化の可能性もあります。

一方、バンドの収縮状態が長く続き、その後、為替レートがバンドを突き抜けると、トレンド転換の可能性が高いといえます。


テクニカル分析を覚えよう!

ローソク足

移動平均線

ストキャスティクス

RSI

MACD

ボリンジャーバンド


ファンダメンタルズ分析を覚えよう!

ファンダメンタルズの考え方

各国の指標〜アメリカ合衆国〜

各国の指標〜その他の国、地域〜

各国の中央銀行



ホーム外貨・外国為替について為替レート外国為替市場世界の通貨外貨預金外貨建てMMF外国債券FXFX vs 外貨預金よく分かる!FX用語辞典レバレッジロールオーバーとスワップポイントマージンコールロスカットとストップロス基本の注文方法損益幅を決めた注文方法自動売買の注文方法環境的なメリット金銭的なメリットリスクコントロール最低限チェックしようくりっく365目標額と戦略を立てよう会社の選び方自分にあった会社を選ぼうFX会社の安全性取引の前にすること口座開設の流れ通貨を売買しようローソク足チャートの見方移動平均線グランビルの8法則ストキャスティクスRSIMACDボリンジャーバンドファンダメンタルズの考え方各国の指標〜アメリカ合衆国〜各国の指標〜その他の国、地域〜各国の中央銀行
||外為ドットコム||インヴァスト証券||FX ONLINE JAPAN||トレイダーズ証券||DRAGON FX 24||FXプライム||外為オンライン||FX ZERO||パンタレイ証券||フォーランドフォレックス||ひまわり証券||SVC證券||FXCMジャパン||サイバーエージェント||セブンインベスターズ||ジェット証券||MJ||上田ハーロー||ヒロセ通商||iFOREX||

Copyright & copy 2007 enjoy FX. All rights reserved.

Copy right 2006〜 キャッシング比較マニア all right reserved.
おすすめサイト キャッシング比較のキャッシングseek 借入れサイト@借入
FXチャート・為替チャート
  クレジットカード申し込み.com プロバイダ比較.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------