HOME>>>情報の見方を覚えよう!
>>>移動平均線

グランビルの8法則

買い信号

  1. 移動平均線が長期間下落ないし横ばいで推移した後、上昇に転じ為替レートがその移動平均線を下から上へ突き抜けるときは、重要な買いのサインです。

  2. 移動平均線の上方にある為替レートが足踏み状態のまま、上昇中の移動平均線に近づいてきたが、移動平均線を割り込むことなく再び上昇したときは、買いのサインです。

  3. 為替レートが移動平均線を下回ってきた場合でも、移動平均線が上昇中のときは、一時的な調整と見て買いシグナルです。移動平均線の上方にある為替レートが足踏み状態のまま、上昇中の移動平均線に近づいてきたが、移動平均線を割り込むことなく再び上昇したときは、買いのサインです。

  4. 下向きになっている移動平均線よりも、さらに為替レートが大きくかけ離れて下落した場合、つまり下降中の移動平均線との下方乖離が大きくなった場合は、自律反発する可能性が高いです。

売り信号

  1. 上昇してきた移動平均線が横ばい、または下落に転じた場合、為替レートが移動平均線を上から下へ割り込むと、売りの第一段階とみます。

  2. 下降中の移動平均線を為替レートが下から上に突き抜けても移動平均線の下落が続いているときは、売りサインです。


  3. 移動平均線を下回っている為替レートが持ち合いのまま、あるいは一時的に上昇し下落中の移動平均線に接近してきたものの、移動平均線を上回れずに再度下落に転じた場合は、売りシグナルです。

  4. 上昇中の移動平均線から為替レートが大きく上に離れすぎた場合、つまり上昇中の移動平均線と上方乖離が大きくなった場合、相場は高値警戒感から自律反落する公算が大きいです。


テクニカル分析を覚えよう!

ローソク足

移動平均線

ストキャスティクス

RSI

MACD

ボリンジャーバンド


ファンダメンタルズ分析を覚えよう!

ファンダメンタルズの考え方

各国の指標〜アメリカ合衆国〜

各国の指標〜その他の国、地域〜

各国の中央銀行



ホーム外貨・外国為替について為替レート外国為替市場世界の通貨外貨預金外貨建てMMF外国債券FXFX vs 外貨預金よく分かる!FX用語辞典レバレッジロールオーバーとスワップポイントマージンコールロスカットとストップロス基本の注文方法損益幅を決めた注文方法自動売買の注文方法環境的なメリット金銭的なメリットリスクコントロール最低限チェックしようくりっく365目標額と戦略を立てよう会社の選び方自分にあった会社を選ぼうFX会社の安全性取引の前にすること口座開設の流れ通貨を売買しようローソク足チャートの見方移動平均線グランビルの8法則ストキャスティクスRSIMACDボリンジャーバンドファンダメンタルズの考え方各国の指標〜アメリカ合衆国〜各国の指標〜その他の国、地域〜各国の中央銀行
||外為ドットコム||インヴァスト証券||FX ONLINE JAPAN||トレイダーズ証券||DRAGON FX 24||FXプライム||外為オンライン||FX ZERO||パンタレイ証券||フォーランドフォレックス||ひまわり証券||SVC證券||FXCMジャパン||サイバーエージェント||セブンインベスターズ||ジェット証券||MJ||上田ハーロー||ヒロセ通商||iFOREX||

Copyright & copy 2007 enjoy FX. All rights reserved.

Copy right 2006〜 キャッシング比較マニア all right reserved.
おすすめサイト キャッシング比較のキャッシングseek 借入れサイト@借入
FXチャート・為替チャート
  クレジットカード申し込み.com プロバイダ比較.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------