HOME>>>これがFX!
>>>外貨預金


外貨預金

外国のお金で預金することです。
日本円を売り、外貨を買い、外貨を預け入れます。

ここでのメリットは為替の変動と金利です。日本では金利がないに等しいからこそ、預け入れるだけで高い金利がつく外貨預金にも注目が集まっています。

外貨で資産を持つと、大幅な円安になったとき、自分の資産が減るリスクを回避することができます。
円の価値は下がっても、外貨の価値が上がることで、自分の資産の価値を保つことができるのです。

日本に住んでいると感じにくいことかもしれませんが、資産をすべて円で持っていると、円の価値が下がる=自分の資産の価値が下がるということになってしまいます。


外貨預金も日本円での預金と同じで「普通預金」と「定期預金」があります。

普通預金は預金者が預け入れたいとき、引き出したいときにいつでも出し入れできます。預金者の都合によってフレキシブルに対応しているメリットがあるぶん、金利は低めに設定されています。
ですから、よほどの為替差益が出ないと利益が出ないというデメリットがあります。

その為、金融機関によっては、途中解約に対応してくれます。
しかしながら、その際は普通預金の金利になるので、定期預金のメリットである高い金利が受け取れなくなります。

外貨預金は、銀行に預けるお金を円ではなく外貨にするだけですから、身近に手軽に行えるものです。


注意すべき点

気軽に行うことが出来る外貨預金ですが、注意点として「手数料」があります。

「外資預金」では日本国内銀行に預けるより多くの利息が受けとれる反面、それ以上の手数料を取られる場合があり、元手を増やすどころか、減らしてしまうおそれがあります。

例えば米ドルで外貨預金をする場合、ますは日本円→米ドルにかえます。さらに引きだすときには、米ドル→日本円にかえます。
この往復の両替にかかるのが「手数料」です。

手数料は為替レートに上乗せされる形で請求され、各金融機関の仲値に、決まった手数料が加算されます。仲値とは、金融機関がある日のある時間の為替レートを参考に決める、その日の取引レートのことです。

預け入れるとき(円→米ドル)、仲値に決められた手数料を加算したものをTTSと言います。
また、引きだすとき(米ドル→円)、仲値に手数料を加算したものをTTBと言います。このTTSとTTBが、手数料が含まれる実際の取引金額となるのです。
金融機関によって手数料は違いますので、よく検討する必要があります。


どの金融機関で外貨預金をするのかを決める注目ポイントにはもう一つ、「金利」があります。

外貨預金の場合、多くの金融機関は利息を単利で計算します。
つまり、はじめに預け入れたお金に応じた一定の利息が、毎年受けとれるのです。

しかし、金利は通貨によっても、また金融機関によっても違います。加えて、金利と手数料の関係については意外な関係があります。

しかし、金利は通貨によっても、また金融機関によっても違います。加えて、金利と手数料の関係については意外な関係があります。

日本でいちばん多くとり扱われている外貨は米ドルです。流通量も他国通貨より格段に多いため、手数料は売買の往復で、2円程度で済みます。

しかし、世界でも特に金利の高い通貨であるオーストラリアドルは、手数料が4円前後はかかります。
さらに、イギリスのポンドに至っては、8円前後もの手数料を設定している金融機関もあるのです。

たとえ金利が高くても、為替差益がよほど出なければ、金利の旨みは手数料で全て、帳消しになってしまいます。それどころか、逆に元手を減らす場合もあるのです。

また、金利の高い通貨には為替の変動が激しいものがあり、注意が必要です。

また、外貨預金はペイオフ対象外です。万が一、預け入れた銀行が倒産した場合、日本の預金保険機構では利息はおろか元本も保証してはくれません。

さらに、外貨預金にかかる税金も確認しましょう。外貨預金では利息に源泉分離課税がかかり、為替差益は雑所得の対象になります。

源泉分離課税は利息に対して20%の税金が差し引かれます。雑所得は確定申告をして、税金を納めなければなりません。

外貨預金は日本円での預金よりも高金利で、受け取れる利息が多い点が魅力です。しかし、外貨預金で儲けるためには、手数料や税金といったコストがかかりますし、また、銀行の信用リスクがあることを忘れてはいけません。



ホーム外貨・外国為替について為替レート外国為替市場世界の通貨外貨預金外貨建てMMF外国債券FXFX vs 外貨預金よく分かる!FX用語辞典レバレッジロールオーバーとスワップポイントマージンコールロスカットとストップロス基本の注文方法損益幅を決めた注文方法自動売買の注文方法環境的なメリット金銭的なメリットリスクコントロール最低限チェックしようくりっく365目標額と戦略を立てよう会社の選び方自分にあった会社を選ぼうFX会社の安全性取引の前にすること口座開設の流れ通貨を売買しようローソク足チャートの見方移動平均線グランビルの8法則ストキャスティクスRSIMACDボリンジャーバンドファンダメンタルズの考え方各国の指標〜アメリカ合衆国〜各国の指標〜その他の国、地域〜各国の中央銀行
||外為ドットコム||インヴァスト証券||FX ONLINE JAPAN||トレイダーズ証券||DRAGON FX 24||FXプライム||外為オンライン||FX ZERO||パンタレイ証券||フォーランドフォレックス||ひまわり証券||SVC證券||FXCMジャパン||サイバーエージェント||セブンインベスターズ||ジェット証券||MJ||上田ハーロー||ヒロセ通商||iFOREX||

Copyright & copy 2007 enjoy FX. All rights reserved.

Copy right 2006〜 キャッシング比較マニア all right reserved.
おすすめサイト キャッシング比較のキャッシングseek 借入れサイト@借入
FXチャート・為替チャート
  クレジットカード申し込み.com プロバイダ比較.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------