HOME>>>FXの取引方法
>>>損益幅を決めた注文方法


損益幅を決めた注文方法

「ストップオーダー」「リミットオーダー」「トレイリングストップ」はいずれも保有するポジションの決済注文方法です。損失決定のポイント、利益確定ポイントを自分で設定する注文方法になります。

この注文方法を覚えることで、より効率よくFXの取引が出来るようになるでしょう。


ストップオーダー(逆指値注文)

ストップオーダー(逆指値注文)は、保有しているポジションと逆の方向に相場が動いてしまい損失を被ってしまう場合、損失を一定の額に抑えるための注文です。予想外の為替変動に備えるリスク管理のためにも、ストップオーダーを有効に活用することが重要です。

例えば、ドル/円で110円の買いポジションを持つ場合に、あらかじめ米ドル/円レートが、105円に達するとそれ以上大きな損失を出さないように、ポジションを決済するストップオーダーを出しておく、といった使い方ができます。


リミットオーダー(指値注文)

リミットオーダー(指値注文)は、保有しているポジションが利益の出る方向に相場が動いた場合に、予め利益を確保するために、出しておく注文です。

例えば、米ドル/円で110円の買いポジションを持つ場合に、あらかじめ米ドル/円レートが、115円に達すると利益を確保するためのポジションを決済するリミットオーダーを出しておく、といった活用ができます。


トレイリングストップ

トレイリングストップとは、相場の変動に合わせてストップオーダーを変更することにより、より実勢に合ったストップオーダーを執行するために用いられます。

「トレイリング」は「追いかける・引きずる」という意味で、値動きに合わせてストップオーダーの水準を変化させて、価格の変化についていく機能です。

ポジションの利益がかなり大きくなっていたにも関わらず、その後の相場変動によりその利益を失ってしまう事態を避けるため、トレイリングストップを設定することで、相場が有利な方向に動いた場合に、ストップロスの水準を自動的に移動させることが出来ます。


FXの取引方法〜解説〜

基本の注文方法

損益幅を決めた注文方法

自動売買の注文方法



ホーム外貨・外国為替について為替レート外国為替市場世界の通貨外貨預金外貨建てMMF外国債券FXFX vs 外貨預金よく分かる!FX用語辞典レバレッジロールオーバーとスワップポイントマージンコールロスカットとストップロス基本の注文方法損益幅を決めた注文方法自動売買の注文方法環境的なメリット金銭的なメリットリスクコントロール最低限チェックしようくりっく365目標額と戦略を立てよう会社の選び方自分にあった会社を選ぼうFX会社の安全性取引の前にすること口座開設の流れ通貨を売買しようローソク足チャートの見方移動平均線グランビルの8法則ストキャスティクスRSIMACDボリンジャーバンドファンダメンタルズの考え方各国の指標〜アメリカ合衆国〜各国の指標〜その他の国、地域〜各国の中央銀行
||外為ドットコム||インヴァスト証券||FX ONLINE JAPAN||トレイダーズ証券||DRAGON FX 24||FXプライム||外為オンライン||FX ZERO||パンタレイ証券||フォーランドフォレックス||ひまわり証券||SVC證券||FXCMジャパン||サイバーエージェント||セブンインベスターズ||ジェット証券||MJ||上田ハーロー||ヒロセ通商||iFOREX||

Copyright & copy 2007 enjoy FX. All rights reserved.

Copy right 2006〜 キャッシング比較マニア all right reserved.
おすすめサイト キャッシング比較のキャッシングseek 借入れサイト@借入
FXチャート・為替チャート
  クレジットカード申し込み.com プロバイダ比較.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------