HOME>>>FX用語としくみ
>>>ロスカット(損切り)とストップロス(強制決済)


ロスカット(損切り)とストップロス(強制決済)

維持証拠金率がマージンコール(またはアラートメール)の水準よりも更に下回り、ロスカットレベルの水準まで下回ってしまった場合、ストップロスが発動され「ロスカット」の状態となります。

ロスカットとは、為替変動によって含み損が発生した場合、それ以上の損を出さないように反対注文を出して、その取引を損を出したまま終わらせることです。

そして、含み損が一定額以上拡大したときに、強制的に全ポジションのロスカットをし、それ以上損失が拡大しないようにするしくみがストップロスです。

この場合、利用者への決済連絡もないまま、強制的にその時点の為替相場で取引を終了させられ、為替差損分が証拠金額以上となれば不足分の支払いを求められます。

ストップロスは、損失を拡大させないための大切なしくみです。 自動的にロスカットされることで、知らない間に為替が大きく変動しても、損害をある程度抑えることができます。

しかしストップロスされた直後に為替レートが戻る場合もあるため、自分自身の投資力と照らし合わせて、取引規模(ポジション)を調整したり、追加証拠金を入れて担保余力に余裕を持たせるなどして、ストップロスを避けるのも1つの方法です。

また、レバレッジを利かせるということは為替差損やマイナスのスワップポイントを等倍で増大させることになる、という事になります。取引保証金も必要になります。つまり、ロスカットに対するリスクも負っていることになるのです。

マージンコールやロスカットの水準はFX取引業者によって異なりますが、マージンコールは証拠金維持率が50%前後、ロスカットレベルは20%前後の場合が多いです。マージンコール無し、ロスカットレベルは数パーセントという業者も存在しますので、自分の投資力と取引形態に合う業者選定もポイントの一つです。


含み損の保有

含み損の保有について一言。

含み損が多く、証拠金を追加しなければいけなくなったとします。追加したお金が含み損の補填にまわらなければ、その証拠金で新たなポジションを持ち、利益をあげたかもしれません。

追証まで行かずとも、含み損が証拠金維持率を下げ、新たなポジションを持つことを阻害する要因になった場合、それは新たな取引で得られるであろう利益を得る機会を奪うことになります。

含み損は決済をしない限り、帳簿上、損金は発生しませんが、経済学上、機会費用を損失していることになります。キャッシュフローの面からも望ましいことではありません。

ロスカットはプロでも難しいと言われていますが、予想とは逆のトレンドが出来てしまった場合には、損失がふくらみすぎないうちに早めに自分の投資内容を見直すことも必要です。


FXの仕組み〜解説〜

よく分かる!FX用語辞典

レバレッジ

ロールオーバーとスワップポイント

マージンコール(追加証拠金制度)

ロスカット(損切り)とストップロス(強制決済)



ホーム外貨・外国為替について為替レート外国為替市場世界の通貨外貨預金外貨建てMMF外国債券FXFX vs 外貨預金よく分かる!FX用語辞典レバレッジロールオーバーとスワップポイントマージンコールロスカットとストップロス基本の注文方法損益幅を決めた注文方法自動売買の注文方法環境的なメリット金銭的なメリットリスクコントロール最低限チェックしようくりっく365目標額と戦略を立てよう会社の選び方自分にあった会社を選ぼうFX会社の安全性取引の前にすること口座開設の流れ通貨を売買しようローソク足チャートの見方移動平均線グランビルの8法則ストキャスティクスRSIMACDボリンジャーバンドファンダメンタルズの考え方各国の指標〜アメリカ合衆国〜各国の指標〜その他の国、地域〜各国の中央銀行
||外為ドットコム||インヴァスト証券||FX ONLINE JAPAN||トレイダーズ証券||DRAGON FX 24||FXプライム||外為オンライン||FX ZERO||パンタレイ証券||フォーランドフォレックス||ひまわり証券||SVC證券||FXCMジャパン||サイバーエージェント||セブンインベスターズ||ジェット証券||MJ||上田ハーロー||ヒロセ通商||iFOREX||

Copyright & copy 2007 enjoy FX. All rights reserved.

Copy right 2006〜 キャッシング比較マニア all right reserved.
おすすめサイト キャッシング比較のキャッシングseek 借入れサイト@借入
FXチャート・為替チャート
  クレジットカード申し込み.com プロバイダ比較.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------